5月の紫外線は要注意!

5月になり、気温が上がって日差しが気になる季節になってきました。

子どもたちは元気に半袖です^^



紫外線は1年中降り注いでいて、若々しい健康な肌の為には
1年を通して日焼け止めを使用することが大切です。

とくに、気温が上がってきた5月の紫外線は要注意!

紫外線のおさらいと、5月のポイントをチェックしていきましょう^^



紫外線とは

太陽から地球に降り注ぐ紫外線はUV-A、UV-B、UV-Cの3種類。

そのうちUV-Cは成層圏やオゾン層で吸収されて地表には届いていません。

UV-Aは、波長が長く、肌の深く真皮まで届きます。
真皮のコラーゲンを破壊し、肌のハリや弾力を失わせ、シワやたるみの原因になります。
また、メラニン色素を酸化させて肌を黒くさせます。
急激なダメージになる作用は少ない反面、蓄積されてじわじわと老化を促進する紫外線です。

UV-Bは、波長が短く、肌の浅い部分、表皮に強いダメージを与えます。
肌への作用が強く、短時間で肌が赤くなる炎症(サンバーン)や、後に肌が黒くなる色素沈着(サンタン)を
引き起こします。
メラニンをつくるメラノサイトを活性化し、シミやそばかすの原因になります。

紫外線の肌への影響UVAUVB

5月の紫外線

5月の紫外線は、UV-A・UV-Bともに増えますが、
とくにUV-Aは真夏と同じくらい降り注いでいます。

UV-Aは肌の奥まで届き、シワやたるみ等の光老化を引き起こす紫外線です。

油断していると、気づかないうちに肌の奥にダメージが蓄積されているかもしれません!

洗濯物を干すときやお買い物へ出るときなど、
うっかり日焼けに注意しましょう!


また、曇りでは6割、雨の日も2割の紫外線が降り注いでいます。
UV-Aは窓ガラスも透過するので室内で過ごすときも日焼け止めを忘れないようにしましょう!





ご予約・お問合せお待ちしております^^

各種エステのご予約はこちらから
フェース以外のお化粧品やゴッドクリーナーのご購入はyahooショップのこちらから
フェース化粧品のご購入をお考えの方はLINE(ID:@198fryow)からお名前とメールアドレスをご連絡くださいませ。






?Gg[???ubN}[N??